ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> ダンボール箱とテープ

ダンボール箱とテープ

ダンボール箱の友達 テープ

すぐに自分で開けるのが判っているので、テープの節約のためなのです。

使用する際には、糊が塗られた面に水をつけ、糊を再活性化した上で貼付する新聞紙を敷いた上に、すき間なく詰めるようです。

クロスで貼るのは、他の積荷との兼ね合いで箱を立てにされてもふたが開いてしまわないようにするためなのです。

二人がかりでないと閉じられないくらいパンパンに詰めた時、重量物などはやっておいたほうが無難だと思うのです。

りんごなどはひとつずつ新聞紙でくるんでおくといいと思うのです。

箱に小さな穴を開けて、通気性を良くしておくようです。

後は個人で梱包する場合は、その人の捉え方次第だと思うのです。

心配性の方は×テンに貼るし、そうでない人は1枚だけ貼るし、またテープを貼らないで上面のふたの部分をかみ合わせる感じで済ませる人もいるようです。

また、みかんがダンボール箱で届いた時には、新聞紙の上に全部を出して、腐っているものがないかどうかチェックするようです。

荷物を受取る側がいい加減な貼り方しかしてないと思う相手もいれば、自分の中では常識的な貼り方だと思っても、相手は剥がすの面倒くさい、テープの無駄と思う場合もあるかもしれないと思います。

ダンボールに新聞紙を敷き、一段ずつみかんを並べ、その上に新聞紙を敷いてからまたみかんを並べると腐りにくくなるようです。

割れ物とかは、重いものは、十文字で上と下に、ガムテープを必ずする必要があると思うのです。

使用時に必ず水を要するため、たいていは専用のガムテープディスペンサーを使用するようです。

ダンボール箱の封緘、梱包のほか、伝票類の背貼り、電球類の包装に多く使われているようです。

書類や文具を梱包する際、文具のように細かい物は袋につめることににより中で動かなくなるのです。

詰め終えたら、ふたをして、ガムテープで閉じるのです。

基本的にはダンボールの底とフタに一本ずつガムテープをとめるようです。

特に重いものを入れてる場合には、底のガムテープを十字にクロスさせておくようです。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。