ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> ダンボール箱とガムテープ

ダンボール箱とガムテープ

ダンボール箱の友達 ガムテープ

長いものや大きくてふたが閉まらない場合はダンボールのふたの四隅をガムテープで止めて広がらないようにして梱包するのです。

丈夫にするには、箱の角にガムテープを貼っておくと補強になるようです。

水溶性の糊を使用し、はく離剤や合成樹脂系接着剤などの非水溶性樹脂を使っていないので、貼付使用後、再生紙としてリサイクルする際にはがす必要がないようです。

ダンボールには必ず行き先がわかるようにするため行き先ラベルを貼るようにしましょう。

中にワレモノが入っている場合は、ワレモノシールもしくは、ワレモノ注意と記載するようにしましょう。

また、表面にはく離剤がないので、ガムテープを重ねて貼ったり、他の粘着テープ類を重ねて貼ることもできるのです。

古いダンボールにガムテープがまだ残っている時、その上から重ねて貼るとガムテープがつきにくいので注意するようにしましょう。

外側からダンボールのふたを閉め、すき間をガムテープでふさぐのです。

ガムテープの接着の様子を見ながら、必要に応じて二重貼りにするようにしましょう。

横のすき間のところもにもガムテープを貼って、すき間から空気がもれないようにしましょう。

ダンボールに荷物を詰めるコツは引越しなどにも応用できるので、知っておくといいと思うのです。

ガムテープは一般的な文具用品であり、主に商品の梱包などに用いられているようです。

食器洗い用の洗剤を、原液のままガムテープの後に塗り、上からラップで隙間のないようにおおって、30分から1時間くらいそのままにしておくようにしましょう。

洗剤液が、十分にテープの後に染み込んだら、ラップを取って、濡れた雑巾で拭くときれいにはがれるのです。

ガムテープやクラフトテープの表面には剥離剤が塗られているのです。

剥離剤なくしてこれらの素材に糊が付いてしまうと当然表面が破れたり、剥がれたりするようです。

しかし、一部の鉄道事業者ではこのガムテープを用いて車体の補修を行うことがあるようです。

シールを貼ってある素材によって材料を使い分けるのです。

強い順からラッカーシンナー、塗料用シンナー、エタノールなのです。

まずシールは手やヘラで剥がせるだけ剥がしておくようにしましょう。

指でゴシゴシこすってやるだけではがれるものもあるのです。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。