ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> テープの粘着面

テープの粘着面

ダンボール箱の友達 粘着面

これを用いて文字を作成することもできるのです。

ガムテープとは接着面を湿らせ貼付し乾かして接着するテープの事であり、表が剥離加工されたテープはクラフトテープまたはクラフト粘着テープというのが正確な名称となっているようです。

ラッカーシンナーが使えるのは木枠やドアの化粧ベニア、表面にビニールのカバーをかぶせてある室内のドアなどとなっているのです。

ヘラでとりきれなかったシールのノリにラッカーシンナーをつけやわらかくした後またヘラで削るのです。

それを何回かくりかえしているととれるのです。

材質によっては最初に洗剤で濡らしたり油で湿らせたりするのです。

しかし一般にはガムテープの名で定着しているため是正は不可能です。

この事はトリビアでも取り上げられているのです。

ガムテープの種類にもよるのです。

はがしたシールに粘着力のある部分が残っていれば、その部分を使用すると、ガムテープより綺麗にはがせることがあるのです。

そのシールの接着部分が取りたかった部分に張りつかないように気を付けるようにしましょう。

ぬの系ならば、重ね貼りしてもそう簡単にははがれないようですが、紙系は、重ね貼りすると、全く粘着力がなく、すぐはがれてしまうようです。

テープのネバネバをテープで取る意外と効果的な方法となっているのです。

粘った所にペタペタの付けたりはがしたりをくり返すようです。

古いテープの跡もすっきりと取れるのです。

粘り強くやってみてください。

使用していない新しいダンボールケースを組み立てる時は問題ないようですが、一度使用したダンボールケースに前に使ったガムテープが残っている場合は、要注意となっているようです。

重ね貼りの出来るものがあるのです。

暖められれば固く絞った蒸しタオルでも良いのですが一番失敗のリスクが少ないのはドライヤーかの仰るセメントリムーバーなのです。

それでしたら大丈夫なのですが、紙製の普通のガムテープは簡単に剥がれてしまうようです。

特に表示はしてないようですが、布製のガムテープも剥がれにくいのです。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。