ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> 箱の組み立て

箱の組み立て

ダンボール箱の友達 組み立て

1人で行う場合は始めに何枚か布ガムテープを切っておいたほうがスムーズに行えるのです。

表札を乗せますので、少々の重みには耐える強さで貼るようにしましょう。

表札を貼り付ける部分を避けて布ガムテープを貼ってみるようにしましょう。

クラフト紙の表面に、はく離のための表面処理を施す必要がないため、表面はクラフト紙のままで、ざらついているのが特徴となっているのです。

使用する際には、糊が塗られた面に水をつけ、糊を再活性化した上で貼付する新聞紙を敷いた上に、すき間なく詰めるようです。

基本的に、ダンボール箱には、上下左右にべろのようなものがついているのです。

このべろの部分をかみ合わせることによって、ダンボール箱を組み立てることができるのです。

りんごなどはひとつずつ新聞紙でくるんでおくといいと思うのです。

箱に小さな穴を開けて、通気性を良くしておくようです。

箱の底の部分には、ガムテープなどで十字にとめる必要があるのです。

こうすることで、ダンボール箱の底の部分を補強することができるのです。

また、みかんがダンボール箱で届いた時には、新聞紙の上に全部を出して、腐っているものがないかどうかチェックするようです。

、引越しのときに、ダンボール箱を持ち運ぶ時には、できるだけ底の部分を持ち上げるようにしたほうがいいと思います。

そうすることによって、底の部分が抜ける可能性はさらに低くなるのです。

ダンボールに新聞紙を敷き、一段ずつみかんを並べ、その上に新聞紙を敷いてからまたみかんを並べると腐りにくくなるようです。

使用時に必ず水を要するため、たいていは専用のガムテープディスペンサーを使用するようです。

ダンボール箱の封緘、梱包のほか、伝票類の背貼り、電球類の包装に多く使われているようです。

引越しのときには、多少めんどくさいと感じることも念のために行っておいたほうがいいと思うのです。

逆に、それを怠ると作業時間が増えてしまう恐れがあるのです。

基本的にはダンボールの底とフタに一本ずつガムテープをとめるようです。

特に重いものを入れてる場合には、底のガムテープを十字にクロスさせておくようです。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。