ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> ダンボール箱を補強する

ダンボール箱を補強する

ダンボール箱の友達 補強

丈夫にするには、箱の角にガムテープを貼っておくと補強になるようです。

段ボール箱をまとめたり、閉めたりするときに、使うものとしてガムテープやひもも必要になってくるのです。

これらのものは、引越し会社のほうで用意してくれるところが現在ではほとんどなので、別にこちらで用意する必要はないのです。

水溶性の糊を使用し、はく離剤や合成樹脂系接着剤などの非水溶性樹脂を使っていないので、貼付使用後、再生紙としてリサイクルする際にはがす必要がないのです。

ダンボール箱に、あまり深く考えずに手当たり次第に詰め込んでしまうと、あるダンボール箱が異常に重くなってしまい、持ち運びの時に大変な労働を強いられる恐れがあるのです。

ですから、ダンボール箱の梱包の仕方に注意を払う必要があるのです。

また、表面にはく離剤がないので、ガムテープを重ねて貼ったり、他の粘着テープ類を重ねて貼ることもできるのです。

古いダンボールにガムテープがまだ残っている時、その上から重ねて貼るとガムテープがつきにくいので注意するようにしてください。

具体的には、オフシーズンの衣服や使わないような家具といったものから梱包すると、荷造りが短時間ですむのです。

このように、優先順位をつけることによって、ダンボールの梱包を行うことが引越しの基本になってくるのです。

ダンボールに荷物を詰めるコツは引越しなどにも応用できるので、知っておくといいと思うのです。

引越しの荷物を入れるダンボール箱は、荷物の種類に応じて大・中・小と大きさの異なるものを複数そろえておくようにしましょう。

器や調理用具、洗面道具、タオルなどは、引越しの当日まで使うことになるのです。

こういったものは、最後の最後まで梱包を行わないようにしてください。

日用品は一番最後でも、それほどかさばることはないので、大きな問題は起こらないでしょう。

大型のダンボール箱は、その用途から電気屋や薬局で比較的手に入りやすいため、お店の人に相談してもらってくるようにしましょう。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。