ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> ダンボール箱とテープ 注意点

ダンボール箱とテープ 注意点

ダンボール箱の友達 注意点

ダンボールの底を組んだだけの状態や組んだ上にガムテープを貼る事は強度が大変弱くなるため避けるようにしましょう。

また貼ったガムテープの上に重ねてガムテープを貼る事は絶対にやめるようにしましょう。

また、ダンボールの側面にまでガムテープを貼って、びっちりと封をする方がいるのですが、そこまでする必要はないのです。

貼った時点で剥がれなくても力が加わると簡単にはがれてしまいますので注意するようにしましょう。

逆に、ガムテープの表面は滑りやすくなっているようですので、引越し業者の方が運びずらくなってしまうのです。

底を組んだ状態のダンボール箱にテープを貼るのは普通に組み立てたダンボール箱に比べると強度が弱いため避けてくださいダンボールの底やふたに使うガムテープは普通の紙のガムテープを使うようにしましょう・布テープを使う場合があるのですが、ダンボールの上で別のダンボールを動かすと布テープが丸まってはがれる事が多いので気をつけましょう。

重たい荷物は小さなダンボールに、軽い荷物は大きめのダンボールに詰める様にしてください。

左右の角にも貼っている方がいるのですが、強度は変わらず持った時に滑りやすくなるため避けるようにしましょう。

大き目のダンボールのみ用意できた場合は、ダンボールの下の方に重たいものを入れて、上のほうには衣類等の軽いものを入れて重量を加減する様にしてください。

一度貼り付けたテープの上からそのテープをはがさないで重ねてテープを貼り付けることも絶対にしないようにしましょう。

テープを貼った時点で剥がれなくても力が加われば簡単にはがれてしまいますので引越し運搬中に剥がれて底が抜けてしまうと大変危険なのです。

オーダーメイドのダンボールでは、自分が好きなサイズ、自分が好きなロゴや文字の印刷、印刷を全くしないダンボール、メール便などにぴったりな、タトウ式ダンボール、ダンボールでできた板などを作る事ができるようです。

引越しの荷造りでダンボール箱にテープを貼る場合は直角に交わるように貼るのです。

これで十分な強度があるようですのでこれ以上貼る必要はないのです。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。