ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> 必需品

必需品

ダンボール箱の友達 必需品

ダンボールの底は順番に組み込んだだけではすぐに底が抜けてしまうようですので、正しくガムテープで補強しましょう。

また、大きいサイズのダンボールには衣類等の軽いものを入れるようにしましょう。

本やCD等の重い物は小さいサイズのダンボールで梱包するようにしてください。

荷づくりの必需品。

引越し業者がサービスしてくれる場合もあるが、有料のところも多いようです。

ただで手に入れるためには、近所のスーパーやドラッグストアでもらってくるとよいと思います。

ダンボールをもらうときは必ず、お店の人に確認を取るようにしましょうそのためには、段ボールは潰して、ビニールヒモやガムテープではリサイクルしづらいので紙ヒモで縛って出すようにしましょう。

ガムテープより頑丈な布テープ、本などの重い物を梱包するのに便利。

ワレモノを包んだ新聞紙を留めたりと大活躍するのです。

ダンボールの底面や上面にガムテープを一文字に貼るだけでなく、H型に貼るのはもちろんのことですが、それだけでなくプラスチックダンボールを内側にガムテープなどで貼って補強するだけで全然強度が違うのです。

本やCD等を紐で縛ったり紙袋にいれるのは駄目なのです。

小さめのダンボールで梱包するようにしください。

また、小さめのダンボールでも重い物を入れると重くなるで、重くし過ぎないようにしてください。

どんなダンボールを作ることができるかと言うと、引越しの際、パソコンなどを入れるダンボールや機械を発送する時に便利なクッション性がついたダンボール,ワンタッチで組み立てる事が可能な、ガムテープがいらないダンボールなどを作る事ができるようです。

テープ。

出たくて暴れる荷物の封をしたり、位置を固定させるために使うのです。

割れやすいものを包んだり、段ボールと荷物の隙間に入れて緩衝材にするのです。

エアパッキンでも可となっています。

ガムテープや紙製のもの、透明なタイプなどがあるのです。

全部揃える必要はないようですが、重ね貼りできるタイプのものがあると重宝するのです。

段ボールに付着したガムテープ、宅配便の伝票、ホッチキスも必ずはずして捨てることがリサイクルのためにはベストです。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。