ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> 新聞紙

新聞紙

ダンボール箱の友達 新聞紙

段ボールの中でも、表面コーティングが施されているものは可燃ゴミとなるようです。

一番身近にあり、様々なことに使える新聞紙なのです。

引越しまでまだ間があると思っていたら、思いのほか荷づくりに時間がかかって当日大変な目にあったという方がたくさんいるのです。

事前に段ボールをそろえたり、本をまとめたりと小さいことから少しずつ始めていくようにしましょう。

もちろん梱包材としても使用できるのです。

商品を包んでぷちぷち代わりにしたり、商品をダンボールに入れたときの隙間にクシャクシャにした新聞紙を入れてやるとショック吸収+荷物固定の役割を果たしているのです。

品物が1種類なら、それほど大変ではないと思うのですが、いろいろな大きさや形の出品物が発生すると、梱包材もそれに合わせて、いろいろなサイズやいろいろな種類のものが必要になってくるのです。

一緒に捨てることは避けるようにしてください。

収納の基本とは、片付けって自分の中でルールを決めて、こまめに気づいたときに片づけてしまうことだと思うのです。

引越し業者さんに梱包資材まで全てお任せしていない場合には、自分でダンボール箱などを用意することになるようです。

大きめの商品、まとめ売りにはダンボールが心強い味方になるのです。

お店からもらえたりもするようですのでしっかりストックしておくようにしましょう。

梱包材料は普段から生活の中で使えそうなきれいめの袋や紙をとっておいたり、どうしても新品の梱包材でなければという商品の多いかたは、安くまとめ買いをしたりして、梱包材料費を浮かせる ということが、長く出品を続けていくうえで、けっこう重要になってくるのです。

この時、なるべく安く引越したいと思うのであれば近所のスーパーなどで頼んで取っておいてもらうといいと思います。

ダンボールをもらわないことで1万円以上割引されるのであれば、一考の価値はあるのです。

しかしダンボールは自力で調達する必要があるのは言うまでもないのです。

たいして割引されないのであれば、引越業者の無料ダンボールをそのままもらってしまうのが一番だと思うのです。

大・中・小と基本的に3種類の大きさのダンボール箱を用意するようにするのです。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。