ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> ダンボール箱と古いタオル

ダンボール箱と古いタオル

ダンボール箱の友達 古いタオル

大のダンボールには、大にしか入らない物を入れるようにしましょう。

ホームセンターなどのダンボール箱は意外と強度もあっていいんですよ。

大きさも適度なものが揃うようです。

また、その他にもひもや、ガムテープ、ハサミは必需品となっているのです。

ガムテープは、布がいいと思います。

他にも新聞紙や、古いタオルなどがあると取っておくようにしましょう。

新品のダンボールを自分で揃える方法なのです。

これはダンボールを実費で提供する引越業者と契約した場合にもおすすめの方法となっているのです。

少量であればDIYセンターなどで購入してもいいと思います。

しかし数十枚は必要というのであれば、インターネットで購入することもできるのです。

中と小のダンボール箱を中心に使用しないと、大に小物をたくさん詰め込むことになり、搬入搬出時に重くて苦労することになるのです。

もう捨てようと思っているカーテンなどの布地類や、新聞紙は梱包時になにかと重宝するようです。

また、ダンボールの組みたて方なのですが、ダンボールを組み立てる場合には重い荷物を入れることも想定して、必ず底面はガムテープを十字に貼って補強するようにしてみるようにしましょう。

梱包テープ透明幅広のテープです。

梱包したときガムテープよりも綺麗で見栄えがするのです。

また、エアパッキンに貼ったときに貼りなおしもできるのです。

ダンボール箱の底の部分を順番に組み込んでガムテープなしで仕上げる方法は絶対ダメですよ。

ガムテープには、布製と紙製のものがあります。

紙製のものは剥がしにくいので、できれば布製のものを二巻きほど用意するようにしましょう。

適当にガムテープを貼ったような状態では、搬送時に底が抜けて荷物の破損や怪我にもつながってしまうようです。

なので必ずダンボール箱の底には補強のガムテープを貼るようにしましょう。

発送するときに小型のダンボール箱があると便利になっているのです。

宅配業者の営業所や郵便局でいろんなサイズの物を売っているのです。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。