ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> 準備の前にまず計画

準備の前にまず計画

ダンボール箱の友達 計画

準備不足で引越し見積もり料金が増額したのです。

なんてことにならないようにしっかり計画をたて余裕のある準備をするようにしましょう。

本などの重い荷物はできるだけ小さなダンボールへ、衣類などの軽い荷物は大きなダンボールへ入れるようにしましょう。

ホームセンター、100円ショップに行くとさまざまなテープが販売されているのです。

梱包にテープは、必須となっているのです。

自分は、テープの中でもでも、カートンテープ、布テープをよく使うのです。

カートンテープとは、セロテープの幅を広くしたものなのです。

メーカーによっていろいろな名前で売られているのです。

何も考えずに詰めてしまうと、あまりの重さに運べなかったり、腰を痛めてしまうことがあるからなのです。

箱の中には生ゴミを分解させるための基材と炭を入れるようです。

そして、この中に毎日生ゴミを入れるだけとなっているのです。

カートンテープは、主に小箱、エアーキャップ、袋などの口を閉めたりするのに利用しているのです。

布テープは、主にダンボール箱の口をとめるために利用しているのです。

梱包にかかる時間がどれくらいなのか初めて引越しをする方はわかりづらいと思うのです。

引越し作業に取り掛かった時に初めてわかることですがダンボール箱に詰めている最中に、意外と汚れが目について小物を拭きながら梱包してしまう方が多いようですので、もし自信のない方は多めに取っておいて余裕を持って行うようにしましょう。

外部から菌を入れるのではなくて、野菜くずや基材に付着している様々な微生物が自然に生ゴミを分解して堆肥化するしくみとなっているよです。

ダンボールの中身が分かるように、ダンボールの上はもちろん、すべての横の面に、簡単に何が入っているのか、誰の物なのかをペンで大きく書いておくようにしましょう.ダンボールコンポストは、生ごみ処理機のように電気を使用しないので、電気代がかからないようです。

ダンボールコンポストにも欠点があるようです。

それが、耐久性です。

引越し日の直前の休日などに1日かけてじっくり梱包を行ったほうが、より効率よく作業を進められるのです。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。