ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> ダンボール箱で梱包

ダンボール箱で梱包

ダンボール箱の友達 梱包

梱包時は、懐かしいアルバムなどに思い耽って時間が経ってしまった、なんてこともよくある話なのです。

今日は作業の日と割り切って、着実に準備を進めてしまうようにしましょう。

ダンボールコンポストは、ダンボール箱と2種類の土壌改良材があれば簡単に出来るようです。

衣装ケースなど、直接書き込めないものには、紙に書いて、セロテープなどで貼り付けておくようしましょう。

特別な容器や機械を購入する必要がないようです。

土壌改良材はホームセンターや園芸店などで1,000円~2,000円程度で販売しているようです。

梱包するものの価格に対する資材のコストを把握し、それに見合った資材を選ぶのです。

例えば、安いものをいくつも梱包するのであれば、それなりにコストをおさえて数を増やすほうが良いと思います。

ダンボールコンポストは、容器として使用するダンボール箱が安価かつ入手が容易である点と、堆肥化に必要とされる保温性と余剰水分を壁面から排出できる水分調整機能を持ち、経済面と機能面で優れているようです。

ダンボールをテープで貼り付ける時は、上だけでなく、底面も十字に貼り付けて底が抜けないようにしてください。

ただ角などはダンボールを持つ場所でもあるようですので、この角に貼り付けると、持ち運ぶ時に滑って危険ですので、貼り付けないほうが良いと思います。

高価なものを少量、梱包するならば、安く粗末なものよりも、それなりの値段で、質の高い梱包資材を用意すべきなのです。

また、特注で箱などを作る場合、資材としての質はあがるのですがコストもそれなりにかかるのです。

ダンボール箱の底と四隅をガムテープで止め、底に底と同じ大きさのダンボールを敷き、金網の上に置くようです。

コンポストキャップがあれば、それをかぶせるようです。

ダンボールコンポストの問題点は耐久性であるのです。

ダンボール箱のフタをたて、周囲をガムテープで補強なのです。

箱の底には新聞紙を2日分ぐらい敷くようです。

荷物を梱包するときには、梱包するダンボールのほかに、ゴミ用のダンボールを用意するようにしましょう。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。