ダンボール箱の友達トップ >> ダンボール箱の友達 >> ダンボール箱の友達について

ダンボール箱の友達について

ダンボール箱の友達について

梱包しながら、必要なものと不要なものを分けられるので、とても効率的となっているのです。

意外に不用品は、多く出ますので、不燃物や粗大ゴミの日を前もって確認しておくとよいですねコストもそれほどかからず,もちろん堆肥としても使用できるようです。

荷造りは使用しないものから、奥の部屋から始めるのが基本になっているのです。

せっかく荷造りしたのに、引越し時までに必要となり、再びダンボールを空けてしまうことのないように、考えながら荷造りしていくようにしましょう。

箱への物の詰め込すぎも、詰めなさすぎもいずれも中の荷物が輸送中に傷つくなどのケースが発生するのです。

トラックの揺れ等で中身のものが壊れないようになるべく大きな隙間のできないように梱包するようにしましょう。

ガムテープを使わずに底面を組立てると、底が抜ける恐れがあり、危険ですのでやめるようにしましょう。

荷物の詰めすぎは前述の通り、作業員の運搬作業の効率が悪くなることはもちろん、開梱作業をご自分で行う際に、移動が大変であったり中には怪我をしたりと危険を伴うこともあるのです。

机の中身はいくらテープでとめていても、運ぶ際にそのテープがはがれて中身が出る危険性があるようですので、中身を出して、まとめておくようにしましょう。

大きいダンボールに入れてしまうと、あまりにも重過ぎて、つぶれてしまったり、運ぶ人に負担がかかってしまうようですので、注意するようにしましょう。

また、中の荷物が容積に対し、少なすぎると引越し業者さんがトラックに荷物を積載するときに、重ねて積む場合に箱の上部がつぶれて荷崩れを起こすなど、こちらも大変危険なのです。

四方八方から貨物をつるす方法となっているのです。

ところが、時代が変わり、梱包材が変わってきたためにこの手法にコストがかからなくなっているのです。

すなわち、工数がかからなくなってきたというものなのです。

ポンと入れて、サッと梱包できるのです。

内容物によっ箱ごとの梱包容量は違うと思うのですが、出来る限り重量に見合った容積の箱を選択しきちんとダンボール箱の上蓋がしまる状態で梱包を行うようにしましょう。

何度も使えるダンボールこそ、これからの輸送方法です。

あらためて、通い箱として梱包材を見直すようにしましょう。

我々の取り扱っている梱包材は、何度でも、と言っても20回程度は使えるのです。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。