ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> 補強する働き

補強する働き

ダンボールとテープは互いに補完してなかの梱包物を守る働きをしますが、テープを上手に使うことによってダンボールを補強する働きをさせることもできます。

ダンボールは、水に弱く、またゆがむことによって、ダンボールの強度が保てなくもなります。

水や湿気からダンボールを守るためには、例えば、防水ダンボールや耐水ダンボールを利用するといった方法があります。

ダンボールを歪みから守るためにはテープを使うのが手軽で有効な方法です。

ダンボールの箱にテープを貼ることによって、通常のダンボールを歪みから守ることができます。

このようにテープを上手に利用することによって、ダンボールにモノを上手に梱包し、かつダンボールの箱を補強することも可能になります。

ダンボールの箱に、何かを梱包するときには、テープを上手に使うようにしましょう。

たいして難しいことではありません。

しかし、テープによるふたの閉じ方や補強の仕方を知っているだけで、引越しなどのときには、ずいぶんと役に立つことでしょう。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。