ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> 補強の方法1

補強の方法1

ダンボールを補強するために、テープを使うのであれば、まず梱包したときのふたに直線に貼っているテープと垂直になるようにテープを貼ります。

どの程度の強度を持たせるかによって、何箇所にクロスに貼るかを検討すればよいでしょう。

テープを貼る位置が多ければ多いほど、剥がすときには手間がかかりますから、そのことも考えて、よく検討しましょう。

さらにダンボールの箱の四隅なども、テープを張ることによって補強します。

基本的には、ダンボールの隙間のある部分を十分にテープによって補強していけばよいでしょう。

隙間を埋めれば埋めるほどダンボールの強度はましていきます。

ただし、そうすればするほど、ダンボールの中身への空気の流れは悪くなっていきますから、湿気を帯びやすいものなどを梱包する場合には、そのことも十分に考慮するようにしましょう。

テープはクロス、クロスに順に貼っていくことが補強のための基本です。

そして三角形を意識するようにしましょう。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。