ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> 補強の方法2

補強の方法2

ダンボールをテープだけで補強しようと考えても、基本的に限界があります。

もちろんテープを貼ることによって、ダンボールの強度を補強することはできますが、もともとのダンボールの強度が梱包物の重量などから考えて弱いという場合には、テープだけでの補強では不十分でしょう。

そうした場合には、他のダンボールとテープによって補強するのがよいでしょう。

このときには、ダンボールをL字型に切って、それを補強したいダンボールの箱の四隅などにテープで接着します。

もちろん紙用の接着剤などを利用するのも良いでしょう。

ただし、接着剤を利用した場合には、テープを利用した場合より、剥離するのは難しくなります。

強度をより増したい場合には、より丈夫なダンボールを利用して補強するのがよいでしょう。

もちろんL字型というよりも全体にダンボールを貼り付けて強度を増すという方法もありますが、そうした場合には、ダンボールのかさも増してしまい、重くもなりますから、梱包物が必要とする強度を踏まえながら検討することが必要でしょう。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。