ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> 注意点(2)剥がすときを考慮する

注意点(2)剥がすときを考慮する

ダンボールにテープを使うときの注意点の第2はテープを剥がすことをどう考えるかです。

ダンボールの箱にテープを貼って、そのままもう剥がさないのであれば、あまり迷う必要がありません。

できるだけ粘度の強いテープでしっかりとダンボール箱を接着すればよいでしょう。

テープも剥がさずに、切ってしまって開梱しても大きな問題にはならないでしょう。

しかし、テープを上手に剥がして、できるだけダンボールを傷つけずにいたいという場合には、テープの選択も慎重に行う必要があります。

最近では、貼ったときには強度を保ちながら、それでいて剥がすときには綺麗にはがれる幅広のテープも販売されているようです。

梱包用具の専門店や、ダンボールをたくさん扱っているショップに行って詳しいことを聞けばすぐに教えてもらえます。

そのときには、自分がどのような意図を持って、そのようなダンボールにどのようなテープで接着したいのかを正確に伝えなければなりません。

きちんと考えてからショップを訪ねましょう。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。