ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> 注意点(3)粘着力についてもよく考える

注意点(3)粘着力についてもよく考える

テープの粘着力についてもよく考えておきましょう。

テープは、その用途によって、粘着力が違います。

ダンボールを利用して家具などを作る場合、接着面が非常に強力でないと用をなさないという場合もあるでしょう。

例えば、ダンボールを利用した洋服入れなどを作る場合、柱になる部分の接着面が弱いと役に立ちません。

ですからそういった場所には強力な接着力を持ったテープや接着剤を利用すべきでしょう。

そうした商品は、クラフトショップや大手のDIYショップなどに行けば、多くの商品のなかから、自分のニーズにあったものをすぐに選ぶことができるでしょう。

店員さんなどにダンボールの特性やテープの特長などをよく聞いて、自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

後々のことまでよく考えた選択が必須です。

ダンボールは案外、家の中では場所をとります。

崩して保管するなら、必ずテープは取らなければなりません。

逆に十分な保管スペースがあるならテープを剥がすことは考えなくてもよいでしょう。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。