ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> ダンボールの箱を組み立てる(2)

ダンボールの箱を組み立てる(2)

ダンボールの箱の形状の中でも最もポピュラーなものといえばみかん箱タイプといわれる形状でしょう。

これはA式箱とも言われ、誰にとっても最も馴染み深い形状のものです。

最も多く出回っている箱形状です。

段ボール箱といえば、誰しも、この形状を思い浮かべるに違いありません。

そしてこのみかん箱タイプは最もコストパフォーマンスに優れた形状でもあります。

引越しを頼んだときに、事業者が置いていくダンボールの箱もこの形状をしています。

このタイプの箱は底面と天面をテープなどで封をして梱包します。

そのため再封性に劣るのが欠点です。

長さや幅は結構あるのに高さが低いもの、例えばコタツの天板などがそうですが、こうしたものを梱包するのに適しているのが「ヤッコ型タイプ」です。

底面が固定されていて、各辺を立ち上げて包み込むような梱包の仕方になります。

要するに風呂敷がダンボールになったと考えても良いでしょう。

この場合も天面はテープなどで封をする必要があり、再封性には劣ります。

またはこの四隅に隙間ができ強度が弱くなります。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。