ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> ダンボールの箱を組み立てる(3)

ダンボールの箱を組み立てる(3)

ダンボールで梱包するもののなかには、ポスター、ビン、棒状のものなど、主に細くて長いものもあります。

品物に対して丸め込むように梱包して、サイドにあるフラップを織り込んで固定します。

くるくると巻き込むように梱包できます。

これが筒型タイプといわれるものです。

まるめこみ式とも呼ばれます。

箱の形状ではなく、例えば、ビニールに本を入れる場合などの補強用に使われるダンボールの板状のものがバット(=カットダンボール)といわれるものです。

箱の中の商品を仕切る、上下にあて板をするといった場合に利用します。

ここまでが「単純加工の形状」といわれるものです。

これに対して「変形加工の形状」とは、主に抜き型などを利用して作ります。

切り込みや折れ位置を任意に指定することができます。

また複雑な曲線や変則的な切込みなども入れることが可能です。

こうした変形加工の形状の箱を発注すると、初回には抜き型制作費用が発生します。

非常に小ロットの場合には、抜き型を利用せずカット機を用いる場合もあります。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。