ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> ダンボールの箱を組み立てる(4)

ダンボールの箱を組み立てる(4)

変形加工形状のものにも先に挙げたように様々な種類がありますが、単純加工のヤッコ型の短所を改定した形状が「N式上差込」といわれる形状です。

箱にしたときに、内側の底面が完全に平らになり、高さが低く、薄いものを梱包するのに適しています。

ヤッコ型の欠点を補填する箱の形状になっています。

差し込んで封をできることから再封性があり、テープなどの使用量も減らすことができます。

四隅も完全にふさがります。

またヤッコ型に比べ、強度の面でもより強くなります。

梱包時に必ず組み立てなければならない形状です。

ふたの差込が内部に入るときに内部のものを傷つけないようにしなければなりません。

指穴をつけたり、ふたにロックをつけることもできます。

同じく高さが低く、薄いものを梱包するのに適しているのが、N式サイド差込。ふたの形状がサイド側を差し込むようにできています。

この形状にすることによって、ふたの差込が内容物を傷つけるのを防ぐことができます。

この形状も梱包時に組み立てる必要があります。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。