ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> 包材としてのダンボール

包材としてのダンボール

ダンボールはさまざまなシーンで活躍をしていますが、やはり包材としてのダンボールはとても優秀な素材であるということができます。

そもそも19世紀のイギリスではシルクハットの内側の汗を吸うためのものとして開発されたダンボールですが、その後にアメリカではガラス製品を包むための包材として利用されています。

ダンボールという素材は構造上、緩衝材にもなりえますので、ガラス製品を包む上でも便利であったのでしょう。

事実、現在でもダンボールは、ガラスはもちろん、食器などの陶器類などを包んだり、その他にも割れ物を包んだりする場合にも使われたりしています。

現在ではダンボール以外にも緩衝材となる優秀な素材が開発されていますので、必ずしもダンボールが使われるとは限りませんが、まだまだその需要はあると言えます。

また、緩衝材としての利用以外にも、その優しい風合いや手触りから、ステキなラッピングなどにも利用されていますので、ダンボールは包材としても幅広い利用用途を見せているということがいえるでしょう。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。