ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> ダンボールと緩衝材

ダンボールと緩衝材

みなさんはダンボールをどのようなシーンで利用していますか。

ダンボールは歴史をさかのぼってみてもわかる通り、アメリカでガラス製品を包むことに使われたことをスタートとしていますので、緩衝材としてのダンボールは現在までも続いています。

ダンボールとひとくちにいってもさまざまな素材のものがありますので、必ずしも紙の素材であるとは限りませんが、緩衝材として利用されている緩衝材のほとんどのものが紙製であるといえます。

ダンボールは現在では輸送の荷物などを入れるイメージが強くあるかもしれませんが、現在でもさまざまなシーンでダンボールの緩衝材が利用されています。

緩衝材の種類はダンボール以外にもさまざまありますが、引越しの際などにはダンボールと緩衝材とを上手に合わせて利用することによって、大事な荷物などを守ることができます。

もちろん、緩衝材としてのダンボールも、以前に比べるとずっと使いやすく進化していますので、中身を見ながら緩衝材も上手に使い分けるようにすると良いでしょう。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。