ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> ダンボールと蓄音機

ダンボールと蓄音機

最近のデジタル音はなんだか耳障りが悪いと思った人は多いようです。日頃音楽に興味のない人は別ですが、本格的にクラッシックを聴いている人なら、ほとんどが感じることだそうです。一方蓄音機は音が柔らかくて人の心にしっくりくる音を体感できます。今は蓄音機といっても知らない人は多いでしょうし、見かけることもほとんどなくなりました。また、レコードの針も購入することが困難で、いい音で音楽を聴きたいと思っても、現実的ではないでしょう。そこで、少しでもいい音に近づけるために、ダンボールでスピーカーをつくってみましょう。
蓄音機といえばあのラッパ型の大きなホーンが印象的です。ここで蓄音機の仕組みを少しおさらいしておきましょう。回転するレコードの溝に合わせて動く針で原盤から振動を取り出し、支点を設けた金属の棒によって、アルミ合金などで出来た振動板に振動を伝えて音を再生します。この音を増幅させるのがホーンと呼ばれるラッパ型の装置です。スピーカーは市販のものを用意しなければいけませんが、ダンボールを使う事によって柔らかい音の再現ができます。
スピーカー部は当時の蓄音機とは仕組みが違っているので、少し工夫が必要です。特に音漏れがないようにスピーカーの後ろをしっかり密着させ、覆ってしまうようにします。ホーンの長さは短いと低音が出にくく、長いほど低音が強調されます。自分の好みにあわせていろいろ替えて楽しんで見ましょう。ダンボールなら簡単に調整が可能です。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。