ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> ダンボールの思い

ダンボールの思い

一人暮らしをしていると、みかん箱一杯に送られてくる色々な物が詰まったダンボールがとてもありがたいものです。

どこに住んでいても故郷が懐かしくなります。

特に、その地方の名産品が送られてきた時には、思わずふるさとに帰りたいと言う気持ちにさせられてしまいませんか?

そんな思いが詰まったダンボールはとても温かさを感じるのではないでしょうか。

遠くにいて思うこと、それは、みんな元気なのか。

病気などしていないか。

色気が無いダンボールですが、送ってくれた思いを感じると不思議なもので、色気がなかったものも愛着を感じる瞬間です。

海外に友達がいると、変わったダンボールを目にすることがあると思います。

外国特有の色使いや言葉が英語だったりと、日本語以外に書かれた文字をみると遠く海を渡ってきたんだ、と関心させられてしまいます。

それが、船で送られてきたのか飛行機で送られてきたのかは別にしても、海外のダンボールを見ることで異国を感じずには居られないことでしょう。

逆に海外の友人に日本からダンボールを送るとあちらでも同じことを思っているかもしれないですね。

遠くにいてもいつも気にかけてくれる人がいるのは力強く感じます。

そして、元気ももらえるのはダンボールに入った色々な物を見た時ではないですか。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。