ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> 布テープとダンボール

布テープとダンボール

ダンボールに利用するガムテープというのは、大きく分けると紙テープそして布テープという物に分かれると思います。

それらの違いというのは何なのか、簡単に言えば名前で分かれているだけあって印象も違うと思いますが、粘着力なども変ってくることでしょう。

布テープであれば、手でも簡単に切ることが出来たり、粘着力が強いためにガムテープのかさ粘りなどをしてもある程度くっついたりという事が出来るはずです。

なので頑丈にダンボールを止めていきたいのであれば、そちらを利用するほうがお勧めだといえるでしょう。

場面に合わせた上手い使い分けというのが、やはり重要な点になってくると思います。

商品などを梱包する以外にも様々な利用をされる事があると思いますが、それらに合わせた使い方を知ることで、無駄の無い利用をする事が出来るでしょう。

布テープという物が便利だと聞く人も多いと思いますが、どうして便利なのか、どうして利用されるのかを考えなければ、それらの利点を上手く生かすことは出来ないはずです。

まずはちゃんと確認し、利用方法を考えてみましょう。

ダンボールばかりではなく、他にもそれらガムテープを使う事というのはあるはずです。

その際には、どちらのガムテープを利用したほうが良いのかを考えるのも、重要な点なのではないでしょうか。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。