ダンボール箱の友達トップ >> テープの利用法と注意点 >> 紙テープとダンボール

紙テープとダンボール

ダンボール同様、紙から出来ている紙テープという物は、ガムテープの種類の一つになります。

表面が布テープとは違いつるつるしていて、重ね貼りなどをするのにはあまり向いていないものです。

紙から出来ているといえど表面のそのつるつるにより、水などをある程度はじく事もありますが、布テープよりも粘着力が弱いイメージがあるというのはデメリットになるでしょう。

実際重ね貼りが出来なかったり、そういった粘着力の弱さのせいか、比較的紙テープよりも布テープをり湯されるという人が多いようです。

インターネット何かを利用した注文で、商品をダンボールに梱包する際には比較的紙テープを使われるという事が多いとか。

その理由は色々とあると思いますが、布と紙で比べてしまうと、どちらかといえば紙の方が安く済む場合もあるので、そういったコスト削減のために利用されている可能性もある事でしょう。

皆さんが私情で使う場合には、どちらの方が向いているのか、それらを考えて利用してみることをお勧めします。

どちらにしても貼り付ける事に変りは無いですし、さほど値段などに差が無かったり、そこれらを気にしないのであれば、好きな方を選ぶと良いと思います。

利用場所に合わせた道具選びは、どういった物であっても大切な事なのでしっかりと選択しましょう。

ダンボール箱の友達へようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。